2010年03月18日

<発砲>暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)

 15日午後11時20分ごろ、北九州市小倉南区南方3、同区自治総連合会役員の男性(75)方で「ガラスの割れる音がした」と周辺住民から110番があった。福岡県警小倉南署員が調べたところ、男性方の玄関と勝手口で計6発の弾痕が見つかり、16日朝の実況見分で銃弾3個が確認された。連合会は、指定暴力団工藤会が同区内に新事務所を設置したことに絡んで暴力団追放運動を進めており、福岡県警は悪質な嫌がらせの可能性があるとみて、銃刀法違反などの疑いで捜査を始めた。

 調べによると、通報した住民はガラスの割れる音に続いて車の走り去る音を聞いたという。実況見分で薬きょうは見つかっておらず、回転式拳銃が使われた可能性があるという。事件発生時、男性と家族は1階で就寝中で、けが人はいなかった。

 現場は北九州モノレール徳力公団前駅の西約500メートルにある閑静な住宅街。近くに広徳中学校と広徳小学校がある。

 小倉南区では5日、今回の現場から約7キロ離れた上貫3の建物の門に「四代目工藤会 長野会館」と書かれた看板が掲げられた。県警は工藤会関係者の出入りを確認し、新事務所とみている。同連合会は県警や北九州市と合同で新事務所からの退去を求める「暴力団追放総決起大会」の開催を30日に予定していた。

 また12日には、住民ら約510人が新事務所前で暴力追放パレードを行い、組関係者約80人が捜査員とにらみ合う場面もあった。看板は翌日の13日に撤去された。

 県警はこの事務所前で警察官を配置し監視を続けていたが、連合会役員らは警備対象としていなかった。

 工藤会は北九州市小倉北区に拠点を置き、県内の構成員は730人(08年12月末現在)と、九州最大規模の指定暴力団。県警は昨年4月、工藤会の取り締まり強化を狙い「北九州地区暴力団特別捜査室」を設置。1月には暴力団対策部を発足させ、部内に工藤会を主に取り締まる北九州地区暴力団犯罪捜査課を設置するなど、工藤会対策に力を入れている。

<自民党>中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表(毎日新聞)
桜危機の吉野守れ、地元・保勝会が住民説明会(読売新聞)
<郵便不正事件>枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」(毎日新聞)
小型船で世界一周達成…シー・シェパード元船長(読売新聞)
警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書−鹿児島(時事通信)
posted by オギタ フジオ at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

<交通事故>軽乗用車とパトカー衝突 母子が軽傷 仙台で(毎日新聞)

 11日午後4時55分ごろ、仙台市太白区あすと長町4の国道4号交差点で、交通違反のバイクを追跡していたパトカーが、軽乗用車と出合い頭に衝突、軽乗用車に乗っていた母子2人が軽傷を負った。パトカーを運転していた仙台南署地域課の男性巡査(28)と助手席の巡査にけがはなかった。同署はパトカーに過失がなかったか調べる。

 同署によると、現場は片側4車線の交差点。バイクが右折時に違反したのを見つけたパトカーが、交差点手前からサイレンを鳴らして赤信号で交差点内に進入。左から青信号で来た軽乗用車と衝突したという。軽乗用車を運転していた女性会社員(29)=同市若林区=は胸を打ち軽傷、後部座席のチャイルドシートに座っていた長女(4)が口にすり傷を負った。【伊藤絵理子】

【関連ニュース】
三菱自動車:欠陥隠しで有罪へ 元会長は不満あらわに
三菱自動車:欠陥隠し裁判 ふそう元会長ら有罪確定へ
交通事故:7台が正面衝突、追突 巡査長ら重軽傷 栃木
酒気帯び運転:容疑で7人制ラグビー元日本代表逮捕
交通事故:30日以内の死者 昨年は最少の5772人

大阪城公園の陥没事故 割れた排水管発見(産経新聞)
元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取−さいたま地裁(時事通信)
JAYWALKのボーカルを逮捕  路上で覚醒剤所持の疑い(産経新聞)
<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
円高是正で対策必要=為替相場で国際協調も−鳩山首相(時事通信)
posted by オギタ フジオ at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

5月に新年金制度の基本原則 政府が議論開始(産経新聞)

 政府は8日、年金制度の抜本改革を議論する関係閣僚会議「新年金制度に関する検討会」の初会合を開いた。民主党が昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で示した最低保障年金と所得比例年金を組み合わせる改革案をベースに、5月までに抜本改革の基本原則をまとめることで合意した。

 鳩山由紀夫首相は冒頭で「新しい年金制度は政権にとって最大の課題の一つ。国民の理解が必要であり、全身全霊を傾ける思いで議論してほしい」と指摘。さらに「非常に難しい税制とのかかわりも出てくる」と述べ、消費税などの財源問題についても議論していく考えを示した。

 民主党の衆院選マニフェストは関連法案の成立時期を平成25年と先送りしているが、夏の参院選を前に議論をスタートさせることで、年金制度改革に取り組む姿勢をアピールする狙いがある。ただ、財源確保や所得把握など課題も多く、具体的な制度設計までには紆余(うよ)曲折もありそうだ。

 検討会のメンバーは議長の鳩山首相のほか、菅直人財務相、仙谷由人国家戦略担当相、長妻昭厚生労働相、原口一博総務相ら。古川元久内閣府副大臣が事務局長を務める。

【関連記事】
旧社保庁の“下請け”会社が破産 年金不祥事響く
消えた厚生年金の救済、新法は当面見送り
年金機構発足 年金増額のケースが半減 精通職員不在で
厚労省、年金積立金運用の数値目標定めず
マクロ視点で公約見直せ 財務相の消費税発言は本気か
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

退職勧奨で新たな仕組み=公務員人件費削減へ−仙谷担当相(時事通信)
反射鏡70台、太陽を追う 三鷹市(産経新聞)
証人尋問3時間朗読、裁判員「長かった」(読売新聞)
<自民党>松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず(毎日新聞)
梅、桃、桜…美の競演 「いけばな女性作家展」始まる(産経新聞)
posted by オギタ フジオ at 02:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。