2010年05月13日

<雑記帳>半平太の慰霊祭に60人参加 龍馬の幼なじみ(毎日新聞)

 坂本龍馬の幼なじみで土佐勤王党の盟主、武市瑞山(通称・半平太、1829〜65)の命日の11日、墓所がある高知市の瑞山神社で慰霊祭があり、約60人が参加した。

 孫の谷脇睦子さん(90)=神奈川県小田原市=も参列。「祖母の話では、純粋で実直に国の改革のために命をささげた人でした」と話し、墓前に手を合わせた。

 藩政改革を目指したが投獄され、切腹した半平太。志半ばの無念さに共感するファンは「低迷する日本を立て直そう」と、龍馬ブームに負けない盛り上がりをみせた。【黄在龍】

【関連ニュース】
手鏡箱:龍馬の? 「KAIENTAI」彫られ 京都
雑記帳:龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎
坂本龍馬:橋下知事トップ イメージ最も近い政治家
千葉佐那:ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増
草刈民代:寺田屋お登勢役「やらねばならぬ」 再び龍馬の“母”に 大河ドラマ「龍馬伝」

<雑記帳>銘酒「男山」Tシャツ発売 ユニクロの企業コラボ(毎日新聞)
<日照時間>4月の観測史上最少に 仙台市などで9地点(毎日新聞)
もんじゅ、6日に運転再開 14年5カ月ぶり 福井(産経新聞)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)
京都の病院で集団食中毒、7人からノロウイルス(読売新聞)
posted by オギタ フジオ at 20:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

市光工業の女性管理職第一号…派遣社員から昇格(レスポンス)

自動車用ランプやミラーの純正部品専門メーカーである市光工業には、同社初となる“女性管理職第一号”となった女性がいる。派遣社員として入社し、現在は課長という肩書きを持つ古岡良子氏に、これまでの経緯と今後のビジョンについて聞いた。

[関連写真]

「入社当初は法務関連部署が立ち上がったばかりの会社だったので、最初はゲリラ的存在として見られていたでしょうね。最初は古い体質のままの雰囲気でしたが、フランス・ヴァレオ社との連携を強固にし、経営体質を一新した2008年7月ごろから改革が進んできました。そのころヴァレオ社から市光に入った河島一夫(もと日産等)が現在の社長でした」(古岡氏)

古岡氏は1996年、慶應義塾大学法学部法学科を中退後、パラリーガル(法律事務専門職)として、法律事務所に勤務。2008年3月、市光工業総務部法務課に派遣社員として入社し、法務業務への積極的な取り組みが評価され、同社初の女性管理職として法務課課長に就任。09年11月からは、経営企画室経営企画課課長を兼務。

また市光工業は、08年10月から、最高品質・アジアグローバル・競争力ある価値サービス・先進技術を4本柱とした「成長」を経営理念として掲げてきた。

「法務課の仕事のひとつに品質問題の調査などがあげられますが、自動車部品メーカーは、周辺のサプライヤーとの連携で成り立っている。例えば、そのサプライヤー側の原因で品質問題が生じたとき、損害賠償などの交渉を重ねていきます。事後処理的な仕事になりますが、一方で経営企画課の仕事は戦略的な業務がほとんどですね。アジアグローバル戦略を掲げる当社が、提携先とどうアライアンスを取っていくかを日々考え練っています」

同社は、アジアグローバル戦略のもと、積極的にアライアンス締結に向け取り組んでいるという。

「現在は、タイでのビジネスについて、プランを上司といっしょにつくっています。タイは外資規制が敷かれているため、どれぐらいタイを潤すことができるかによって税制優遇の度合いが変わってくる。こういうプランを立てるときには、常に契約などが関わってくるので、法務と経営企画の垣根がなくなってくる。だから兼務することになったのでしょうね」

同社経営企画室経営企画課主管シニアエキスパートの金子元一氏は、古岡氏が管理職に就いたころからの変化をこう語る。

「これから変わりつつあるという期待感がある。今まで女性の管理職、女性課長がひとりもいなかったというのが大きな問題で、古岡の活躍をきっかけにどんどん会社やグループ全体が変わっていくといいですね」

古岡氏は現在、さらなるアジアグローバル構想実現に向けた取り組みに着手し始めているという。

「具体的な国名やエリアは言えませんが、今年は積極的に世界戦略に向けて取り組んでいきたいですね。また、LEDヘッドランプなども効率性に優れた製品を開発しており、関連する“よいニュース”も後々発表できると思います。現在、それらのプロジェクトが鋭意進行中です」

“同社女性管理職第一号”の彼女は「みなさんにさらに信頼される人間となり、さらに発言力のある役職へとスキルアップしていきたい」と抱負を語っていた。

《レスポンス 大野雅人》

【関連記事】
市光工業、PIAAに増資
市光工業第3四半期決算…大幅減収 日米の自動車メーカー減産が影響
自動車部品の第3四半期決算…赤字転落 トラック・建機用部品販売不振
市光工業 特別編集

<国連報告書>脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割(毎日新聞)
たちあがれ日本、自称「B’z稲葉」の33歳イケメンを擁立(スポーツ報知)
司馬さんの庭 新装(産経新聞)
嘉手納基地の空軍1等軍曹、酒気帯びで逮捕(読売新聞)
南アW杯 選手決定で都内各地で号外1万部配布…毎日新聞(毎日新聞)
posted by オギタ フジオ at 02:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相主催の「桜を見る会」が17日午前、東京都内の新宿御苑で開かれた。首相は招待客を前に「現在、厳しい状況を迎えている。しかし、改革の志、時計の針を大きく前に前に進めさせてほしい。新しい時代にふさわしい桜の花を咲かせたい」とあいさつ。米軍普天間飛行場移設問題が迷走し、内閣支持率の下落が続く中で、反転攻勢への決意を語った。
 この日は、真冬並みの寒さで雨にたたられたが、政財界や芸能界を含め約1万人が集まった。首相は一般参加者と握手しながら、約1時間半、八重桜が咲く苑内を見て回り、女優の菊川怜さんや大相撲の把瑠都関らとの記念写真に納まった。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<常磐線>特急と軽トラック衝突、運転手重傷 茨城・日立(毎日新聞)
育休の文京区長「母の偉大さ実感」(産経新聞)
関大 「堺キャンパス」開校(産経新聞)
「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)
「ママ、シャボン玉お願い! 」=自由研究、宇宙に託す−長女優希ちゃん(時事通信)
posted by オギタ フジオ at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。